【2021最新版】エンジニアの年収は542万円とかなり高い!

読者
エンジニアを目指しているけど、平均年収ってどのくらいなの?
読者
エンジニアって年収が高いと聞いたけど本当なの?

年々エンジニアの需要が高まってきており、理系出身者だけでなく文系出身の方や他業界から転職を目指す方が増えてきました。これからエンジニアとして働く身としては、エンジニアの平均年収はどのくらいなのか把握しておきたいですよね

 

結論から申し上げますと、エンジニアの平均年収は542万円となっており、正社員全体平均と比べると130万円ほど高いです。やはり専門職ということもあり、年収水準はかなり高いと言えるでしょう。

 

以下では、より詳細なデータを参考にエンジニアの年収についてまとめていきます。これからエンジニアを目指す方やエンジニア職が気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

 

エンジニアの年収

 

経済産業省の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」を参照すると、IT関連の職種によって年収にバラつきがあることが分かりました。その中で、エンジニアの平均年収を算出すると「542万円」となり、全体と比較しても高い水準にあります。

 

DODAが発表した「 平均年収ランキング(平均年収/生涯賃金)【最新版】」では、正社員の平均年収が409万円となっており、エンジニアは130万円程高いことが分かります。

 

数字だけ見るとエンジニアの年収は高い傾向にあります。しかし、エンジニアにはさまざまな種類があり、経験年数や企業規模によって年収に違いがでてきます。プログラマーorシステムエンジニアorPM(プロジェクトマネージャー)など、条件によっては年収の上限が違います。

 

では、エンジニアの種類で一番年収が高い職種はどれなのか。

 

マイナビの掲載している【全312職種】職種別モデル年収平均ランキング2020(1~50位)では、システムアナリストが1,609万円で1位との結果がでていました。その他の職種は、以下の表にまとめていますので興味のある方はご覧ください。

 

1位 システムアナリスト:1,609万円
2位 情報アーキテクト・UI/UXデザイナー:1,000万円
3位 ITアーキテクト:975万円
4位 システムコンサルタント(業務系):932万円
5位 フロントエンドエンジニア:809万円
6位 システムコンサルタント(ネットワーク・通信):807万円
7位 パッケージ導入コンサルタント(ERP・SCM等):650万円
8位 セキュリティコンサルタント:638万円
8位 プロジェクトマネジャー(WEB・オープン・モバイル):638万円
10位 プリセールス・セールスエンジニア:609万円

参考:【全312職種】職種別モデル年収平均ランキング2020(1~50位)

 

上記のように、職種によって年収はバラバラです。しかし、どの職種も平均値が高いことから、エンジニアは年収が高い職業ということが分かるでしょう。

 

エンジニアの年収 まとめ

 

このように魅力的なエンジニア職ですが、現在は深刻な人材不足に陥っています。IT人材のニーズが高まる中で、エンジニアとして働く人が少なく、将来的には30万人以上の人材不足が予想されています。

 

しかし、その影響からエンジニアを募集する企業が増えています。今までは理系出身の経験者採用が多かったですが、近年は教育環境を整えて未経験人材の確保に力を入れる企業が多くなりました。

 

もし「エンジニアを目指していたが、文系出身で自身がない」「プログラミングのスキルが無いから難しいかも…」と悩んでいる方がいたら、今がエンジニアを目指せるチャンスです。

 

プログラミングスキルに自信が無い方はプログラミングスクールに通うといった手段もあります。国もIT人材育成に力を入れており、中には56万円以上のキャッシュバックを提供しているプログラミングスクールがあります。

 

プログラミングスクールおすすめ20社を厳選比較【保存版】」では、おすすめのプログラミングスクールをご紹介しているので、気になっている方は参考程度にご覧ください。