エンジニアの労働時間はイメージほど多くはない⁉

読者
エンジニアとして働きたいが、労働時間が長いイメージがあり不安…
読者
毎日終電で変えることになったらどうしよう…。

上記のような悩みや不安を抱えている方が多いと思います。実際、「エンジニア ブラック」「エンジニア 残業」などマイナスイメージなうわさを耳にすることがあり、良い印象を持つ方は少ないでしょう。

 

さまざまなうわさをされていますが、結論を申し上げると「エンジニアの労働時間は全体の職種と変わらない」です。つまり、皆さんが思っているほど労働時間も残業時間も多くありません

 

以下では、「エンジニアの労働時間はイメージほど多くはない」という根拠を、アンケート調査のデータを参考にしながら解説します。不安や悩みを抱えている方はぜひご覧ください。

 

エンジニアの労働時間

 

以下で参考にするデータは、「Tech総研」が実施したエンジニア300人を対象にしたアンケート調査です。まずはエンジニア300人の平均退社時間を見ていきましょう。

 

定時~19時 28%
19時~21時 41%
21時~23時 28%
23時以降 3%

 

大きく分けると70%近くのエンジニアが21時前に退社していることが分かります。23時以降に退社するエンジニアは300人中10人とかなり少ないです。

 

このアンケート調査では、職種カテゴリー「ソフトウェア系・ハードウェア系・その他の技術職」に分けて調査を行っており、退社時間が遅い傾向にあるのは「ソフトウェア系」となっています。

 

他の職種と比較したエンジニアの労働時間

 

ここでは、エンジニア440人を対象に「DODA」が実施したアンケート調査の結果を見ていきましょう。(引用:エンジニアの転職白書

 

このアンケート調査では、1か月の残業時間についてITエンジニアを対象に聞いています。回答結果は以下の通りです。

 

残業なし 6.4%
20時間未満 28.9%
20~40時間未満 34.5%
40~60時間未満 15.7%
60~80時間未満 6.0%
80時間以上 8.5%

 

全体の30%ほどは残業時間が「20~40時間未満」との回答になっていますが、中には「80時間以上」残業するエンジニアが存在するとの結果もあります。

 

中には長時間労働をするエンジニアも存在しますが、結論としては「多職種と比較してもエンジニアの労働時間が長い」といったことはありません。どの職業も同じくらいの労働時間となります。

 

エンジニアの労働時間が長いとイメージされる背景

 

エンジニアの労働時間が長いとイメージされる背景は、業務形態にあります。システム開発を行うエンジニア場合、「要件定義」「設計・構築」「開発」「検証」「リリース」など複数の工数を得てプロジェクトを回します。

 

通常は計画通りに業務が進みますが、クライアント(システム開発を依頼する会社)から「〇〇の部分の変更をお願いします」「〇〇の部分で不具合が起きています」といった指示が入った時は、計画以上の業務をすることになります。

 

契約時では納期を設けており間に合わなければ違反になるので、対応人数を増やしてでも期限内に終わらせるよう作業を詰めますが、中にはエンジニア不足により助っ人を追加することができず、1人の負担が多くなるケースがあります。

 

上記のような過重労働を強いられてしまう企業だと、残業時間が月80になる可能性があります。一般的には労働違反になるので、いわゆる「ブラック企業」に当てはまる状態ですが、エンジニアの労働時間が長いイメージを持たれるのはこのような背景があるからだと思います。

 

エンジニアの労働時間 まとめ

 

今回はエンジニアの労働時間が長いのか、さまざまなデータをもとに比較しました。結論として、エンジニアの労働時間は他の職種と同じくらいと言うことが分かりました。

 

数%の割合で長時間労働をするエンジニアも存在しますが、あくまで珍しい一例に過ぎません。これからエンジニアとして働こうと考えている方は、恐れず挑戦してみましょう。