プログラマーの1日【通常期・繁忙期】

読者
プログラマーの1日ってどんな感じなの?
読者
プログラマーとして働きたいけどイメージが湧かない…

IT技術が発展する過程で、プログラマーの需要が高くなっています。設計書をもとに、プログラミングを活用したシステム開発を行えるプログラマーは、企業が成長していく中で大切な職種です。

 

そういった背景から、プログラマーを目指す方が増えています。しかし、プログラマーといってもどのような働き方なのか疑問に感じている方も多いでしょう。

 

そこで今回は、プログラマーの1日を簡単にまとめていこうと思います。これからプログラマーを目指す方や、プログラマーといった働き方に興味を持っている方はぜひ参考にしてください。

 

プログラマーの1日【落ち着いている時期】

 

プログラマーの1日は、時期によって忙しいか落ち着いているかが変わってきます。まずは、落ち着いた時期の1日をご紹介します。以下の1日は、都内で働いているXさんにインタビューしたものです。

 

9:30~10:00|出勤・情報収集

 

プログラマーとして働く場合、出社時間が9:00~10:00のことが多いです。出社したら、情報収集を始めます。

 

プログラマーは技術職であるため、日々のスキルアップが大切です。多くのプログラマーは、技術書を読んだり、IT技術のニュースを読んだり、ブログを読んだりしてスキルを磨きます。

 

10:00~13:00|仕事(メール確認・コーディング・開発業務)

 

時間になったら取引先やプロジェクトチームから届いているメールを確認します。メールだけでなく、チャットを使っている企業がほとんどなので、同時にチャットの確認をします。

 

メールの確認が終わったら、1日のタスクを確認し業務に移ります。システムのエラー検証(テスト)やシステム開発(コーディング)など、個人によって行う作業は異なりますが、定期的にチームで集まって作業をすることがあります。

 

また、ミーティングを挟んむことがあります。全体の進行に滞りがないか、クライアントから修正依頼がきていないか共有し、プロジェクトを進めます。

 

13:00~14:00|昼食

 

昼食の時間は会社で設けられた時間内にとります。出社時間が遅い人は13時から昼食をとることが多いです。

 

会社の近くで食事をとる方や、オフィスで調べものをしながら食事をする方などさまざまです。

 

14:00~18:00|仕事(個人作業など)

 

落ち着いている時期は、午後の時間で個人作業を進めます。集中して考えることが多いため、まとまった時間を確保して業務を行います。

 

1日のタスクが完了でき次第帰宅しますが、クライアントと最終的な打ち合わせを行ったり、資格勉強会をすることもあります。

 

19:30~23:00|帰宅・夕食・勉強・就寝

 

帰宅したら、夕食をとりシャワーを浴びて身支度を済ませます。一通りやることを終えたら、プログラミングの勉強をします。

 

技術の情報を常に更新しないと、業務に支障が出るため勉強は欠かせません。また、趣味であるアプリ開発を少しずつ進めたりします。

 

プログラマーの1日【忙しい時期】

 

上記では、基本的なプログラマーの1日をご紹介しました。

 

落ち着いている時期は、個人のペースで仕事がしやすいため、プライベートの管理がしやすい魅力がありますが、一方で、繁忙期は物凄く大変です。

 

9:30~10:00|出勤・情報収集

 

いつも通り、ニュースやブログを見て情報収集を行いますが、繁忙期はこの時間帯からメールの確認をすることがあります。

 

個人的な調べものをせず、業務を優先して作業を進めます。取り急ぎ行わなければならない業務が入っている時は、この時間から作業にあたります。

 

10:00~13:00|仕事(打ち合わせ・開発作業など)

 

繁忙期は午前中から集中して作業を行います。特にシステムのリリース前は検証する作業が多く、エラーや不具合が起きないか何度も確認します。

 

また、チーム内で遅れている作業があったら協力して進めます。途中で修正が入ることもまれにあり、納期ギリギリまで作業を詰めるケースもあります。

 

13:00~14:00|昼食

 

休憩はいつも通りですが、午前中に集中した分、目を休める人が多いです。ほとんどの人が、昼食を早めに取り、5~15分の仮眠をとります。

 

14:00~18:00|仕事(ミーティングなど)

 

午後からも個人作業を進めます。しかし、ミーティングが入ることが多く、1日に2件の打ち合わせをして議事録をまとめるので、個人開発に時間を割くことが難しいです。

 

18:00~23:00|残業

 

繁忙期は残業することがほとんどです。定期的なミーティングが入るため、個人のタスクが終わらない場合があります。完了できなかったタスクを処理するため残業します。

 

しかし、どんなに忙しくても深夜を超えることはありません(労働違反になるため)。大体22・23時くらいに会社をでることができます。

 

23:00~00:00|身支度・就寝

 

繁忙期は体力を使うため、勉強は保留にして回復に努めます。翌日に疲れを残さないよう体調管理に気を付けます。

 

プログラマーの1日 まとめ

 

この記事では、プログラマーの1日を簡単にまとめてみました。実際は、メールの確認や打ち合わせなど、一般的な職業と変わらない業務する場合が多く、イメージと異なる部分が多いと思います。

 

しかし、個人でコードを書いたりシステムに関して検証するなど、プログラマーならではの業務も数多くあります。比較的個人単位で仕事をすることがほとんどですが、チームでプロジェクトを進めるためコミュニケーションの機会もあります。

 

自身の正確に適しているかも重要ですが、自分が興味を持って楽しめるかはもっと重要です。これからプログラマーを目指す方は、向き不向きにとらわれず目標に進むことをおすすめします

 

もしスキルや知識に自信が無い方は、プログラミングスクールに通うのもアリです。中には56万円以上のキャッシュバックがあるスクールも存在し、ほぼ無料で受講できます。気になる方は、「プログラミングスクールおすすめ20社を厳選比較【保存版】」の記事を参考にしてください。