プログラミングスクールの利用者から聞いた失敗談と対策方法

『プログラミングスクールに通いたいけど、金額が高く失敗したくない』『実際の利用者から失敗談や対策方法など聞きたい』

 

このような疑問や不安があると思います。この記事では、実際にプログラミングスクールを利用した方から失敗談を聞き、そこから分かった対策方法をご紹介します。

 

後半では、評判質の良い信頼性のある大手プログラミングスクールもご紹介しますので、興味がある方は最後までお読みください。

 

プログラミングスクールでの失敗談と対策方法

 

プログラミングスクールは利用者との相性もありますが、スクール自体に不備があったり、カリキュラムの質が低いなどピンキリです。

 

ここでは利用者から聞いた失敗談をもとに、対策方法をご紹介していますのでぜひ参考にしてください。

 

失敗談①|カリキュラムのゴールを理解してなかった

 

プログラミングスクールによって組まれているカリキュラムが異なります。

 

エンジニアに転職できるスキルを身に付ける目的に設定しているスクール、副業として案件を獲得できるレベルのスキルを習得するスクールなど様々です。

 

いざプログラミングスクールに通っても、望んでいたゴールに達成できないとお金も時間も無駄になってしまいます。

 

また、質の低いプログラミングスクールに当たってしまうと、ホームページでは『未経験から1人でアプリを作れるようになるカリキュラム』と書いているが、ふたを開けたら基礎的な事しか学べない…という最悪な状況になってしまいます。

 

プログラミングスクールに通う場合は事前の調査が大切です。

 

50万円払ってスクールに通ったが、スキルが身に付かなかった
T・Iさん

評価: 2.0私は初心者の状態からスクールに通い学習を始めました。最初は基本的なところから学び、徐々にサイト作成など行うようになりました。しかし、講師から言われた通りにサイトを作成していたため、1からサイトを作成することができません。もっと実践的なスキルを学びたかったです。

 

対策方法|カリキュラムの内容を問い合わせる

 

プログラミングスクールでは基本的に無料相談をすることができます。

 

サイトの情報だけでは良いことばかり書いてあるため、参考程度にしか分かりません。

 

気になるプログラミングスクールを見つけたら、先ずは無料相談に訪れ、カリキュラムの内容や最終ゴール、価格や保証制度など事細かに質問してみましょう。

 

失敗談②|課題をこなすのが大変

 

プログラミングスクールのレッスン内容は、まず講師や動画でプログラミングを学び、実際に学んだ知識・スキルを使えるようにするための課題を行います。

 

課題を進めていくうちに、スキルの使い方や言語を使ってアプリ制作などを行えるようになります。

 

この一連の流れを繰り返していくことでスキルの定着を図ります。

 

しかし、初心者にとって初めての技術・知識は理解するのに時間がかかります。

 

課題をこなすスピードも遅く、日が進むにつれて課題が溜まっていきます。

 

講師のサポートが充実していないスクールを選んでしまうと、挫折の原因になってしまうので注意しましょう。

 

課題が難しい
O・Sさん

評価: 3.0プログラミングに全く触れたことが無い状態で学習を始めました。僕が通ったスクールは基本的に自主学習が基本で、質問がある時だけ講師が担当してくれるシステムでした。課題の難易度が高く、途中から課題がほとんど進まなくなり挫折してしまいました。

 

対策方法|事前学習をしておく

 

大手のプログラミングスクールは講師のサポートやレベルに合わせたカリキュラム編成など、初心者に合わせた学習になっているので心配はありませんが、質の低いプログラミングスクールだと初心者に寄り添った対応がされない場合があります。

 

学習についていけるか不安な方は事前学習をして備えておきましょう。

 

現在では、無料でプログラミングを学ぶことができるサービスがいくつか提供されています。おすすめは以下のサービスです。

 

 

基本的な事から応用的な事も学べるので、良いスタートダッシュをできるように準備をしておきましょう。

 

失敗談③|講師のレベルが低い

 

プログラミングスクールの講師は基本的に教育系の資格などなくても務めることができます。

 

実務経験が豊富でレベルの高いスキルを持っている現役エンジニアでも、教えることになると話は別です。

 

また、バイトでプログラミングスクール卒業者の学生を雇っているスクールも中にはあります。

 

講師に聞いてもエラー解決ができなかったり、質問をしてもはっきりした回答が返ってこなかったりと、大したサポートを受けることができなかったとの失敗談がありました。

 

教わる講師によってあなたのスキルアップが左右されます。講師の質もしっかり見極めておきましょう。

 

応用的な質問には答えてくれなった
K・Hさん

評価: 1.5僕が通ったプログラミングスクールは、マンションの一室で運営していたため、常に講師がそばにいて対応する形でした。しかし、エラーがでて質問すると「調べてみるので少しお待ちください」と言われ待たされることが多々ありました。講師自身の知識不足が目立ち、通うのを辞めました。

 

対策方法|講師の募集要項を確認する

 

プログラミングスクールに通う前に講師の募集要項を確認しましょう。

 

実務経験なしでも募集しているプログラミングスクールは正直危険です。

 

スキル無しでもカリキュラムに沿って教えるだけなので、質問対応などできない人がほとんどです。

 

講師の質が保障されているプログラミングスクールは『CodeCampCodeCamp』や『TechAcademy』です。

 

講師の募集要項に実務経験が2年以上であることと、採用時に研修・テストを行っているため厳選されています。

 

スクール体制をしっかり整えているプログラミングスクールを利用するようにしましょう。

 

失敗談から判断した評判の良いプログラミングスクール5社

 

ここでは、失敗談から判断した本当に評判の良いプログラミングスクールを5社に絞ってご紹介します。

 

絶対に失敗したく無い人はこの中から選ぶといいでしょう。

 

失敗談から判断した評判の良いプログラミングスクール|CodeCamp

 

CodeCamp
CodeCamp

 

CodeCampCodeCampは完全オンラインでプログラミングを学べるプログラミングスクールです。

 

カリキュラム・レッスンの全てが受け放題のプレミアムコースがあり、あなたが身に付けたいスキルを思う存分習得することができる魅力があります。

 

代表:ダイスケ
こんな人におすすめです!
完全オンラインで学びたい!
マンツーマン指導で自分のペースに合わせて進めたい!

 

通学形式:オンライン
学習言語:JavaScript/HTML/CSS/Ruby/Ruby on Rails/PHP/MYSQLなど
サービス内容:全てのカリキュラム・レッスンが受け放題のプレミアムプラスコース、目的別コースなど幅広いコースが用意されている。
費用:398,000円(税別)※コースによって異なる
期間:2か月※最長6か月コースもある
運営時間:(午前)07:00~(午後)24:00
公式ページhttps://codecamp.jp/CodeCamp

 

【CodeCamp】公式ページへ!

 

失敗談から判断した評判の良いプログラミングスクール|TechAcademy

 

TechAcademy

 

TechAcademyは完全オンラインで完結するプログラミングスクールです。

 

カフェやコワーキングスペースなど好きな場所で気軽にプログラミングを学べることができる魅力があります。

 

代表:ダイスケ
こんな人におすすめです!
学生のうちにプログラミングを学びたい!
好きな場所で学習したい!

 

通学形式:オンライン
学習言語:HTML/CSS/Ruby/Ruby on Railsなど
サービス内容:完全オンラインで、現役エンジニアのサポートもあり本格的な学習がどこでも可能。
費用:149,000円(税別)~299,000円(税別)※学割あり。コースによって価格が変わる。
期間:1か月~5か月(カリキュラム)
運営時間:(午後)15:00~(午後)23:00
公式ページhttps://techacademy.jp/rails-bootcamp

 

 

失敗談から判断した評判の良いプログラミングスクール|DMM WEBCAMP

 

DMM WEBCAMP
DMM WEBCAMP

 

DMM WEBCAMPDMM WEBCAMPは未経験からエンジニア転職に特化したプログラミングスクールです。

 

実践的なプログラミングスキルが身に付く、質の高いカリキュラムがあなたを即戦力となるエンジニアに成長させてくれます。

 

代表:ダイスケ
こんな人におすすめです!
確実にエンジニア転職を成功させたい!
Web系エンジニアになりたい!

 

通学形式:通学・オンライン
学習言語:JavaScript/HTML/CSS/Ruby/Ruby on Railsなど
サービス内容:対応時間内は教室に通い放題。行使への質問も回数制限なし。通常講座と専門技術講座(※専門実践教育訓練給付金制度)、オンラインの3コースが用意されている。
費用:518,000円(税別)~828,000円(税別)※コースによって異なる、月額支払い可能
期間:3か月(カリキュラム)※転職保証期間は3か月以上まで保証されている
運営時間:(午前)11:00~(午後)22:00
公式ページhttps://web-camp.io/DMM WEBCAMP

 

【DMM WEBCAMP】公式ページへ!

 

失敗談から判断した評判の良いプログラミングスクール|TECH CAMP

 

TECH CAMP
TECH CAMP

 

TECH CAMPTECH CAMPは実践的なプログラミングを学び、開発からリリースまで一連の流れを体験できる質の高いプログラミングスクールです。

 

講師がオンラインで対応してくれるサポートの手厚さや、転職支援で成功できなかった場合は全額返金保証と安心のサービスが満載となっています。

 

代表:ダイスケ
こんな人におすすめです!
現場に近い環境で学習したい!
夜間や平日などライフスタイルに合わせて学びたい!

 

通学形式:通学・オンライン
学習言語:JavaScript/HTML/CSS/Ruby/MYSQLなど
サービス内容:プロジェクト形式のカリキュラムを行うことで、実践的なスキルが学べる。
費用:月30,000円~40,000円 ※コースによって異なる
期間:2.5か月※最長6か月コースもある
運営時間:(午前)10:00~(午後)22:00
公式ページhttps://tech-camp.in/expertTECH CAMP

 

【TECH CAMP】公式ページへ!

 

失敗談から判断した評判の良いプログラミングスクール|GEEK JOB

 

GEEK JOB
GEEK JOB

 

GEEK JOBは転職成功率97.8%とエンジニア転職に強いプログラミングスクールです。

 

コースによっては無料でWeb系言語を学べて転職までできるカリキュラムがあるため、金額的に諦めていた人でも挑戦する機会が手に入ります。

 

代表:ダイスケ
こんな人におすすめです!
プログラミングだけでなく転職も不安…。
短期間でエンジニアになりたい!

 

通学形式:通学・オンライン
学習言語:HTML/CSS/Ruby/Ruby on Railsなど
サービス内容:アドバイザーが担当する転職サポート。初心者に優しく90%の人が未経験からスキルを習得。
費用:198,000円(税別)~398,000円(税別)※審査ありで無料コースもある
期間:1か月~3か月(カリキュラム)
運営時間:(午前)10:00~(午後)18:00
公式ページhttps://camp.geekjob.jp/DMM WEBCAMP

 

 

失敗談から学ぶプログラミングスクールの選び方

 

プログラミングスクールは選び方次第で、今後のキャリアが成功するか失敗するか決まります。

 

この章では、『プログラミングスクール選びで絶対に失敗したくない…』と感じている方に向けて、あなたに適したプログラミングスクールを見極めるためのポイントをご紹介します。

 

見極めるポイントは以下の5つです。

 

  1. 受講料が無料か有料か
  2. オンラインに対応しているかどうか
  3. 学べる言語があるか
  4. 受講期間はどのくらいか
  5. 転職サポートがあるかないか

 

それぞれ詳しく解説します。

 

ポイント① 受講料が無料か有料か

 

プログラミングスクールには、無料で受講できるスクールや有料コースを受講するスクールなどあります。

 

それぞれおすすめのタイプがあるので、あなたに適していると思う方を利用しましょう。

 

無料スクール

無料プログラミングスクールがおすすめの人は、『スクールを卒業したらそのまま就職したい』、『プログラミング学習にあまりお金はかけられない』、『20代でITエンジニアになりたい』と考えている人達です。

 

有料スクール

有料プログラミングスクールがおすすめの人は、『自分のペースでカリキュラムを進めたい』、『学びたい言語をより実践的な知識として身に付けたい』、『転職先など自分で探したい』と考えている人達です。

 

無料プログラミングスクールは、20代の対応しかしていない場合だったり、学べる言語が限られていたりと制限があることがあります。有料プログラミングスクールよりもサービスを下調べすることが大切です。

 

ポイント② オンラインに対応しているかどうか

 

プログラミングスクールには、拠点があり教室で直接講師にプログラミングを教えてもらえるオフラインタイプの形式と、パソコン上で繋がり、遠隔で学習指導してもらえるオンラインタイプの形式があります。

 

オフライン形式

オフライン形式の特徴として、『周りに仲間がいるため、モチベーション維持や集中力の持続がしやすい』、『疑問が出た瞬間、すぐに講師に質問できる』などのメリットがあります。

反対に、『通学時間や費用など余分にコストがかかる』、『オンライン形式よりも値段が高い傾向にある』などのデメリットがあります。

 

オンライン形式

オンライン形式の特徴として、『通学費や通学時間など余計なコストがかからない』、『時間にとらわれず、あなたのペースで学習ができる』などのメリットがあります。

デメリットとしては、『質問をするのに時間がかかる』、『モチベーション維持が大変』などがあります。

 

それぞれに特徴があるため、一概にどちらがおすすめであるかは決めれません。あなたが考えている、『自分のペースで学習したい』や『モチベーション維持が苦手』など希望条件に適したプログラミングスクールを選択しましょう。

 

ポイント③ 学べる言語があるか

 

各プログラミングスクールで、扱っている言語が異なります。

 

この記事の一番初めに『言語を決めることが大切』と書きました。働きたい企業が使用している言語を学べるプログラミングスクールを選択しないと、全てが水の泡になってしまいます。

 

あなたの目的に適した言語を学べるプログラミングスクールを選択しましょう。

 

以下では、参考程度にどの言語がどの系統のプログラミング技術なのか紹介します。

 

Web制作・ウェブデザイン(HTML・CSS・JavaScript・PHP)

プログラム学習で一番ハードルが低いプログラム言語です。初心者から人気を誇るエンジニア職で、フリーランスで働きたい人にも向いている言語です。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP

 

アプリ制作(PHP・Ruby・Swift・Java)

Webアプリや、IOSアプリを作成したい方に人気の言語です。少し難易度は高くなりますが、個人で開発できるようになると、副業としても活かすことができる言語です。

  • PHP
  • Ruby
  • Swift
  • Java

 

AI技術(Python)

近年注目を集めている言語です。特に『Python』は初心者にも理解しやすく、入門的な位置づけとなっています。アプリやサイトなど様々な用途で活かせる優れた言語です。

  • Python

 

ポイント④ 受講期間はどのくらいか

 

プログラミングスクールは基本的に3か月の受講期間を設けている場所が多いです。しかし、プログラミングスクールの中には短期1か月コースや長期6か月コースなど種類がいくつかあります。

 

あなたが目指す将来に合わせて、適した受講期間のプログラミングスクールを探して選択することが重要です。

 

1か月のカリキュラムに向いている人

短期間のカリキュラムに向いている人は『来月にはエンジニアとして転職したい』、『だらだら学習するのは嫌だ』、『まとまった時間が確保できる』の条件に当てはまる人です。

 

さらに、このような人達はオフライン形式で直接講師に教わり、疑問をどんどん解決して一気に学習を進める方が成長が早いです。

 

短期で質の高いカリキュラムを用意しているプログラミングスクールを探しましょう。

 

6か月のカリキュラムに向いている人

長期間のカリキュラムに向いている人は、『じっくり自分のペースで学習したい』、『まだ時間があるから、将来を考えながら進めたい』の条件に当てはまる人です。

 

このような方は、自分のペースを維持することが学習効率を高めることができるでしょう。

 

オンライン形式で、時間に融通が利くカリキュラムがあるプログラミングスクールがおすすめです。

 

ポイント⑤ 転職サポートがあるかないか

 

プログラミングスクールでは転職支援サービスが付いている場所があります。

 

ただスキルを身に付けるだけでなく、ITエンジニアとして働きたいと考えている方は、転職支援があるプログラミングスクールを選択しましょう。

 

もし転職支援がないプログラミングスクールで学習を進めるなら、IT業界に特化した転職エージェントを一緒に利用すると良いでしょう。

 

プログラミングスクールの失敗談まとめ

 

この記事では、プログラミングスクールの利用者から聞いた失敗談をもとに、プログラミングスクール選びで失敗しない対策方法をご紹介しました。

 

プログラミングスクールはあなたに適したスクールを選ぶか選ばないかで今後のキャリアが大きく変わります。

 

目的を達成できるプログラミングスクールを利用しましょう。

 

関連記事

『プログラミングスクールってたくさんあって選べない…』『本当におすすめのプログラミングスクールが知りたい』と悩んでいるが多いでしょう。   IT業界に精通した私たちが、約50社以上あるプログラミングスクールを、価格や特[…]

プログラミングスクールおすすめ30社を厳選比較【保存版】

 

全国のプログラミングスクール

北海道 北海道
東北地方 青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島
関東地方 茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川
東京 池袋
中部地方 新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡愛知
関西地方 三重・滋賀・京都・兵庫・奈良・和歌山
大阪 難波梅田
中国地方 鳥取・島根・岡山・広島・山口
四国地方 徳島・高松・愛媛・高知
九州・沖縄地方 福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

⇔スクロールできます⇔

 

プログラミングスクールの利用者から聞いた失敗談と対策方法
最新情報をチェックしよう!